Life without regret

メインブログの別館です。(私も頑張りますが、私の屍を超えていって欲しい))

haratathuuuu---

今日の帰り、それは社員がどうにかすきべきクレームだろう!!!ということを処理させられ、

「感覚がおかしい」と言われている女性社員なので、腹立つ・・・!と思ったけど、諦めました。

 

帰り、スーパーで買い物するつもりでしたが精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまい、

 

近所のドラッグストアで、麺とカットキャベツと豚肉とえのきと刻んだネギを買い、醤油ラーメンみたいな簡単鍋で夕食終わらせました。

 

何か、こういう時、本当、好きな男性になぐさめてもらえればある程度、回復するのですが、しんどいわ・・・一人はつらみ。

 

あとワーキングマザーだと、仕事終わり直前にこういうストレスになることが起きても、夕食を作らなきゃいけないってしんどいですね。

 

お母さん方は、こういう時のために簡単料理のレパートリーをいくつか持ってらっしゃるのかもしれませんが、どうか、ご無理なさらずに・・・。

 

私も適当に頑張りまっす。

 

そして、私と同じような虚しさを味わってる独身女性に、良きパートナーができるよう祈っています。

上記の女(言っちゃった)自分は何かの香りを匂わせているくせに、

 

私のお気に入りのボディクレーム、ジョーマローンのミモザ&カルダモンには文句つけてきて、めっちゃ腹立ったことがあったのですが、

 

一度、175mlを使い切って他のものを使てみたのですが、やっぱりこれが一番好き。

 

おおぅ、50mlが・・・!

 

 

でも私はこの香りを使おうと決めているので、175mlを買いました。

 

 

本当、安くはないですよ(汗)今月は家計簿は余裕がない状態でしたが、・・・去年の誕生日に母からもらった誕生日プレゼント(現金)で買いました。

 

去年の年末、約20年ぶりの大喧嘩をしたのですが、去年1年の最後の毒だしだったのかも(震え)

 

届いたらありがとうとお礼を言おうと思います。

 

あと母、爪が割れると嘆いていて、母はお金で解決のストロングスタイルなので高い爪美容液を買ったんですよ。

 

でも、全くマメじゃないので塗ってるのかどうか分からず、職場は基本的にネイル禁止のようで、

 

透明のトップコートの方がいいかなと思ったんですよね。

 

 

でも、先月号の&ROSYがukaのネイルで、えらくシックなベージュで、パラドゥのベージュネイルと迷ったのですが、ukaの方が爪に優しそうだったので買いました。

 

uka、ブランド立ち上げ時のTHREEばりのブランディング勝負な雰囲気があまり好みではなかったのですが、

 

このネイル、現物を見た時は地味なベージュだな・・・と思ったけど、ラメが綺麗で塗りやすーい。大人の手にしっくりくる色合い。

 

私は一度塗りの方が好みでした。

 

話しが脱線していきましたが、ジョーマローン、職場につけていくつもりです。

 

「私が敏感だからかもしれないですけど(苦笑)職場にはつけてこないでください」と言われたけど、

 

他の人には、全く気にならないと言われたし。

 

母とはあまり仲直りする気がないけど、父も母も歳を取ったので、急にお別れがくることだってあるんだから、と職場のパートさんに諭されたので、

 

仲直りというより普通に接そうと思います。

 

急に冷え込んでいたので皆さま、お体ご自愛ください。

セザンヌ アイクリーム&まつげ美容液EX

 こちらでも書いたのですが本当、セザンヌって良品多いですね、改めて。

 

babystep777.hatenablog.com

 

30歳になった時、慌ててアイクリームを使ったことがあったのですが、

 

必要に迫られてと言うより、何か使わなきゃいけないんじゃないのぉ?というぼんやりとした購入理由だったせいか、

 

最後の辺りは指先や甘皮に擦り込んで使い切ったように記憶しています(汗)

 

結局、35歳でがたっときて、40歳で慌てるほどの老化が始まりましたが(涙)

 

諸説ありすぎて分からないのですが、私はもっと若い頃からこつこつとアイクリームとまつげ美容液を使っておけばよかったなと思いました。

 

目の周りの皮膚は薄いので、ごしごし塗らずにソフトタッチで塗ったり、まつ毛をケアすることも結局、自分に気を配って大事にすることにつながるような気がするので、

 

早めに使っちゃだめとか、逆に早くから使うべきとか、使っても意味がないとか色々ありすぎてどれが正解かは自分で決めるしかないというか・・・。

 

両方ともプチプラでなおかつ、良品だと思うので、お試し感覚でこれを使ってみるのもよいと思います。

 

 

あと40歳になって、これまた分け目が気になるようになって育毛剤使い始めました。

 

 

こちらはスプレータイプなのですが、ちふれ育毛剤も評判がいいので迷いました。

 

モルティがなくなったら、ちふれを買ってみようと思います。

 

後、このピアス、めっちゃかっこいい。欲しいなー。

 

どちらかというと可愛いデザイン中心に持っているので、こういうのがひとつあるといいけど、今月はもう予算に余裕はないです。

 

熟考します。

 

[rakuten:matsukiyo:10462999:detail]

 

 

とりあえず今すぐ、それはやめて?

メインブログに書いたのですが、先日の性悪女は私じゃん!という記事の続き?を書こうと思います。

 

babystep777.hatenablog.com

 

 分かりやすく言えば、おとなしい喪女タイプって、端的に言えば被害者意識強いと思います、まさに私もなんですけど。

 

そして悲観論者でシニカル気取り、なのに他力本願で夢見がち、それもまさに私なんですけれども。

 

そういう女性は地道にけなげに頑張っていれば少女漫画的展開で幸せになれると思いがちですが、全然違うからね。

 

真面目にこつこつ頑張ることは大事だけど、それは万能薬ではないと思います。

 

自分のやるべきことをやるって、人間として当たり前なんすけど、

 

でもそのやるべきことをひょいひょいとすり抜ける人を目の当たりにすると、やるせなくなりますもんね(涙)

 

でも先日書いた、私は何かの拍子に思い出す、要領のいい女性2人もそのまま生きれる訳ではない、かもしれないし、

 

本当、この人の人生、なんでこんなイージーモードなの!?と震えるような方もいらっしゃるので、人のことより自分のことですよ、使い古された言葉ですが・・・。

 

私が田舎のギャル崩れ、と嫌っていた同僚は、寿退社すると嘘をついて退職し、

実際は転職したのですが、すぐ辞めたそうです。

 

「土日休みでお給料もボーナスもよくて、すぐ有休つく」と言ってたのですが、

 

その待遇なら、それなりの仕事と責任を任されるだろうに、面倒事をうまくかわしてたのに務まるかな?と思ったけど口にはしませんでした。

 

結局、何の因果か私が以前、働いてた会社の別部署でパートで働いているそうです。

 

もう一人のTHE女子な子は、前の会社に勤めている時に今の会社の人から声をかけられて、バイトで働くことになったけど、

 

双方の会社で情報が交換された結果、あまり評判がよくない、それが周囲にも営業先にも伝わって・・・みたいな感じだそうです。

 

悪口になるので書くのを躊躇したのですが、書きます。

 

この2人の共通点って、職場というか手近にキープ男性を作って、面倒事や自分が辛い時に頼って、何かそれが周りの女性の薄い反感を買う所でした。

 

そして反感を持った女性がブスのひがみとばかりにディスられるという構図(涙)

 

わたしはわたしでいく。そう決めたら、僻みも嫉み縁がなくなる。

 

パワーワードぉ・・・。妬みと嫉みにふり仮名がふってあって驚いた。

 

 

文豪気取りで言えば、筆が進まないのですが、書く。

 

ギャルはことあるごとに結婚願望がないと言ってましたが、何となく、友達内で最後の独身者になる前に結婚するように感じていました。

 

彼女の現在を確認する術はないけど。

 

そして、THE女子は自分に一番、高値をつけてくれる男性と値崩れしないうちに結婚するんだろうなと思っていたのですが、

確か今、25歳くらいだけど結婚はしてないそうです。

 

何が言いたいのか・・・分からなくなってきた・・・。

 

彼女達の今を、私が白だ黒だグレーだと裁くことは品がないのですが、

 

とにかく、文系喪女は豊かな想像力を使い、嫌いな相手のことをグチグチと考え続ける傾向にありますが、

 

とりあえず今すぐ、それはやめて?

 

 

www.youtube.com

 

12:00過ぎの「無視したよ・・・その・・・すごく無視した」というパワーワードをふと思い出した。

 

とにかく、私のように自分で自分の首を絞め続けるようなことはやめて欲しいんですよ。

 

 

考えるべきことは他にたくさんあるし、そもそも悩める時間があるって贅沢なんですよ。

 

なので、やるせないことがあってそれに捉われないで、まず自分が楽しくなることをやった方がいいです。

 

多分、それが先なんですよね(激震え)

 

その後に、自分がやるべきことやらざるをえないこと、それにどう対処するか見えてくるんだと思う・・・。

 

これも重度の妄想喪女の後遺症のように思うのですが、大阪の寄席に行ったら、今の職場に残るか転職するか、決めることができるような気がしています。

 

気持ち高ぶりすぎなんですけどね(大恥)

 

群ようこさんの、アメリカ居すわり一人旅は、今よりもっと海外旅行の敷居が高い時に、行けば何か変わる!!!と息巻いて行ったアメリカ旅行だったけど、

 

特に何も変わらなかったわーという物語(実話)です。面白いのでお薦めです、私も読んで気持ち落ち着けます。

 

 

 

「誠実には誠実を、不誠実には不誠実を」

最近、読んだ本や雑誌でこのフレーズを何度か見たのですが、思い出せない(汗)

 

この本に書かれてていたことは覚えているんだけど。

 

 

あと最近、ぱらっと読んだ本はこのあたりだから、この中のどれかかな。

 

 

今後、職場の改装と改造が始まるのですが、店舗の責任者を見ていると、何か理由はあるにせよ、すごい不誠実を感じます。

 

私はパートだし、何か起こった時に責任を持てないことは忘れないようにしなければいけないけど、

 

異動までのらりくらりかわそうと思っているの丸出し、何も考えていない採用とシフトを見ると、むっとするけど、同じくらい、

この人こんな働き方してて恥ずかしくないんだろうかと思います(小声)

 

上記のセリフって、接客販売従事者がそうしたいけどできないことで、

 

日本のおもてなしの心も大切なのでしょうが、本当、そういう接客でいいと思います・・・。

 

オリンピック誘致の時、お も て な し と言ってたフリーアナウンサーが、

セクシーに環境について考える、と全く理解できないことをいう政治家とでき婚って、

パンチ効いてますよね・・・。

 

庶民の気持ちなんて一切、分からないであろう、ぶっとんだ夫婦。

 

それは置いておいて、これから会社がパートに対してどんな態度をとるか、

ってもう散々、ないがしろにされてきたからみんな転職活動してるんだけど(涙)

 

改装に伴うこういう変更ないわ、と思ったらやはり次を見つけて辞めねば、と思います。

 

誠実には誠実を、不誠実には不誠実を、って結構、成熟した人でないと適切に行えなくね?というか、

 

ちゃんと物事を俯瞰的に捉えて、決断してきた人が、経験値を重ねてできるようになるように思うので、

 

その経験値、わし低すぎ。子供部屋おばさんそのものなんだよなぁ・・・。

 

今度、3月に大阪に寄席に行く予定なのですが、楽しみ半分、私は自分の手配する旅行に、というか自分の決めたことにどう対処するんだろうと思っています(滝汗)

 

元々、2016年のm-1で準優勝した和牛を見てからファンなのですが、

おととしのオレオレ詐欺のネタは感動したというか、「和牛の漫を生で見たい!!!!!!」と思いました。

 

それから、どうやってチケットをとればいいのかとか、どこで寄席があってるのか調べたのですが、何か理由をつけて尻込みして行けていません。

 

よしもとIDに登録すればイベントや寄席の情報収集もできるのですが、申し訳ないけど自分、あまり吉本のことを会社として信用してないので(汗)むやみに個人情報を渡したくなくてね・・・。

 

しかし今回、チケットをとるために登録したし、何か高飛車よね私って、と反省することになりました。

 

あと和牛に関しても、この先、ファンでなくなれば安くない旅費を払い、休みを取って旅行に行った私のお金とカロリーが損よねーぐらいに思っているのですが、

 

何か好きになったものに対して自分が不誠実だなと思いました。

 

私はあまり、好きな芸能人に熱くならない所が長所(キリッぐらいに思っていましたが、ただの損得勘定が強い女だったということにやっと気づきました・・・。

 

何か最近の和牛って、伝説の漫才師になるごっこをしているようで、何か見ていて不安になるのですが、

 

相手が芸人さんだとしても(汗)シンプルに年下の2人が、意図しないような取られ方をされたり、

ある一部分をネットニュースで切り取られて、訳の変わらない称賛や批判を浴びたら、疲れ果てることもあると思います。

 

そのあたり、全く斟酌しないで、私が損した!って思わないように活動しなさいよーって大概、不誠実だよなぁと思いまして。

 

これもまた、自分がやりたい!みたい!楽しみたい!ということに、理由をつけてやらない性格の弊害のように思います。

 

このままの性格で突き進んでもいいけど多分、相当、行き詰ることになる気がするので、

 

本当はもっとこんな職場の改装の時期じゃなくて(脂汗)心身ともに余裕がある時に大阪に行って寄席を見たかったのですが、

 

自分で決めたことを自分が実行していくこと、の練習(???)を今、ナウ!しなければ、というブスの考えすぎな考えに捉われています。

 

でも自分的にはすごく気持ちがすっきりしました。

 

 

 

 

 

 

性悪女はむしろ私。

何度もブログに書いていて、これも早とちりなのかなぁと不安に思うのですが、去年って結構な暗黒の一年でした。

 

というか今までの生き方の癖の悪い部分が蓄積されて、それが雪崩のように崩れたというか・・・うまく言語化できないので、もやもやとしているのですが。

 

30歳になった時、特に何の感慨なかったのですが、40歳も特に何とも思わなかった、

 

けど、なんだかんだで節目、というかもうこのまま暗い人生を過ごすの嫌なんだよ!!!と強く思った年になった気がします。

 

 今まで出会った中で思い出すと嫌な気持ちになる人って何人かいますが、

 

何かの拍子で、前の職場の、田舎のギャル崩れみたいな同僚と、

短期バイト先の可愛い女性が受けるお得をがっちり享受しているバイトさんを思い出すと、やるせない気持ちになります。

 

要はちゃっかりしている女性が今もすっごい苦手なのです(恥)

 

でも、そのやるせない気持ちになるのも飽きたし、私、楽しく生きたいとめっちゃ強く思うようになりまして。

 

それは自分次第、それって今、ナウ!を機嫌よく過ごすことで叶えられることだと思うんです。

 

引き寄せやマインドフルネス系の書籍でよく言われていることですが(震え)

 

私の人生振り返ると、悪態ついてるか絶望を感じてるか、両極端で普通の精神状態の期間が短いんですよ。

  

 

今も何かの拍子に彼女達の言動を思い出すと、うげぇ・・・と思うことがある、

 

けど、そう思いたくないなら自分次第なのに、彼女達にしちゃとばっちりですよね(大恥)

 

ちなみに同僚は、私が片思いしていた上司がくどいていて、職場の外で会っていたのを、営業さんに目撃されていました。

 

私はその上司にめちゃくちゃいいように使われ、最終的に軽い男性恐怖症を引き起こしたのですが、

 

職場を変えたら、というか結局、毎日会わなくなったら、全然、好きでもなくなり、

男性に対する嫌悪感も薄まりました。

 

この世にはたくさん、素敵な男性がいる、けど、素敵な男性には概ね、素敵なパートナーがいて、私はそれに選ばれるようなタマじゃねぇ!と理解できたことがよかったかも。

 

でも冷静に考えると、その上司のことが好きというより、私、実はその同僚がすごい嫌いで(仮想敵にしていた)

 

彼女のちゃっかりの一例として、

 

彼女は復縁を繰り返している彼氏がおり、その彼氏と別れている時は上司と連絡して遊びに行ったりしてたようで、

 

そのせいか、上司も結構、シフトに融通を効かせたり、面倒な仕事を彼女にふらなかったり、公私混同がすごかったです。

 

なんかそういう場面を何度も目撃したり、そのせいで私が不利益を被ったことが多々あったので、

 

本当、上司が好きというより、そんな女より私のほうがいい女ですよ?と分からせたくて執着したんだなぁと思います。

 

外見より内面が悪い女の典型例じゃねーか。

 

何かまだまだ書きたいことがあって、それは決して上記の彼女達をディスりたい訳でもなく、自分が道化師と書いてピエロになる訳でなく、

 

本気でふらっとこのブログを読んでくれた方の、何かのヒントの一部というか考えが変わるきっかけの一部になってもらえたら・・・と思っています。

 

この記事の最初で、去年一年暗黒だったけど理由分からないわー言語化できないわーと言いましたが、

 

ただシンプルに私の考えや言動が性格悪い人間のそれだったというだけじゃろ!

 

つまらない人生の原因はほぼほぼ自分!

 

なので先日、本で読んだフィジカルを整えたら自然とメンタルも復活する、を信じて(嘘だけど、ちょい疑ってるけど)

 

ストレッチポールで体を伸ばしたり、マッサージしたり、あと呼吸を学ぼうと思っています。

 

あとは、・・・お金と相談しなければいけないということは忘れず、着たい服着る!

 

私は服やアクセなどがすごい好きなので、その好きな気持ちに正直になれ!

  

babystep777.hatenablog.com

 

urbanity

しまむらのブランドなのかよく分からないのですが、しまむらのurbanityのタグがついてるニット、毎年、かわいいものがあるのですごい好きです。

 

仲卸というか、中国で大量生産したものを買い付けてきてる系なんだろうか。

 

orishouren.amebaownd.com

 

このメーカーのサーモンピンクのニット、数年前、たくさん着てよれっとなったので悩んで捨てたのですが、

 

色合いもデザインも良く、セレショで7000円でも買うなと思って購入したお気に入りでした。

 

 

図書館に結構、最近発行されたおしゃれ本の蔵書があったので複数冊借りて読んだのですが、

 

私はクラッシーみたいなジャケットの袖折ってそこからバングルのぞかせたり、

LEEみたいにオーチバルのボーダーTにカーゴパンツみたいな格好、ほぼしません。

 

そういうベーシックを極めておしゃれになる、みたいな本を読んでも正直、参考にならず、

 もう何度もそう決めているのですが(恥)着たいもん着て機嫌よく過ごそうと思ってます。

 

日本のアパレルは壊滅的みたいなネットニュースを見ましたが、

 

よく挙げられるcancam掲載の服、爆売れみたいな時期がおかしかったと思うし、

 

違うんだってば!何でこんなふわっふわのトップスが4万?みたいな服も好きなのですが、時代が変わってきているんだと思います。

 

コスメや服が、安価でそれなりの質のものがたくさんあって、これだけ日本経済(特に年金)が先行き不透明だったら、お金使わない方向に進むのが当たりまえですよ。

 

 

と言う話をしたいのではなく、今日、しまむらで買ったurbanityのピンクニット、めちゃくちゃヒットでした。

 

手持ちのボトム、どれでも合い、女子女子し過ぎていない女子感がでます(?)

 

このurbanityのニット、前回の購入品もですが、袖の形や肩のラインとかがちょっと凝ってて、本当、一体だれがデザインしてるんだろう?

 

体型をうまく隠してくれて、肩回りがすっきり見えるし、要は万人に受ける色合いなのかもしれませんが、顔色が良く見えるトーンのピンクなんですよね。

 

これから着倒す予定ですが、スペアとして他のしまむらで同じ物があったら買おうかなと思ってます。

 

着こなし次第ですが、アラフォーが着て違和感がないピンクのニットってなかなかないものー。

 

 

 去年、ラベンダーっぽいコンバースのスニーカーと、某ふるーらのめとろぽーりーす風のバックを買ったのですが、

 

今年はそれを活用していきたいと思っています。

 

赤のロングニット!にピンクのニット!にそれらはあわないけど(滝汗)とにかく、自分が着ていてテンションが上がる服を着ようと結構、本気で思います。

 

昨日のブログにも通じるのですが、もう自分の今の気分を悪くするようなことを極力、避けたいと言うか。

 

大事にするよーーー今まで大概、ないがしろにしてたからーーーごめんーーー。

こんなわたしでごめんなさい、が現実に(?)

今、目の前ですごいショックなことがあったのですが、

3日ぐらい前からぐずぐずと迷っていた大阪である寄席のチケットが売り切れました。

 

3日前は残席ありだったのですが、ぐずぐず迷った結果が目の前で売り切れって、

何か人生におけるチャンスの瞬間とダブって何か情けなくなったり泣きそうになったけど、何か涙もでない(やばい)

 

ただの私の愚痴なのですが、ここに記させてください・・・。

 

前々からお笑いの寄席に行きたいと思っていたのですが、

 

元々、絶望的な旅下手なので調べはするけど何だかんだと理由をつけて、要は行きたいという気持ちをごまかしていました。

 

しかし先日のオール阪神巨人師匠のYouTube動画を見て、この人が立って漫才をやるNGKに行ってみたいと思いました。

 

調べたらすごいメンツの揃った寄席があったのでこれに行こうと思い、新幹線とホテルを調べていたのですが、

 

私、上記の通り、全く旅慣れてないので、HISやJTB楽天を見て、

 

えぇ!?一人部屋の申し込みできない!?あっても、何か縛り多すぎ!と焦り、検索していたら12時近くになり、翌日のことを考えて寝ました。

 

一人部屋+新幹線のチケットって、日本旅行(西日本だと)が一番、取りやすいんですね・・・。知らなかった・・・恥ずかしい。

 

翌日、更に色々調べて、・・・何か書いていたら本当、しんどくなってきたのですが、書いていこうと思います。

 

私のひとりよがりなのですが、同じように人生楽しめてない人がいたら、もうそういうのやめようと言いたいというか。

 

日本旅行ってJRの子会社なんだ、ものを知らないなと思いつつ、サイトに登録して、

 

このホテルにこの出発時間にと決め、

 

クレジットカード番号まで入力して後は決済ボタン押すだけ、という時点で、何か色々・・・雪降ったらとか、仕事が何かあったらとか考えてやめてしまいました。

 

今までの旅行に関する記憶って、鈍行と急行に乗り間違えたり、目的地についただけで疲れ切って、

 

あぁもうこれも書きますが、以前、大阪に行った時も私、たこ焼きすら食べなかったんですよ、どうかしてるわ。

 

それでもその寄席には未練があって色々考えて、

今日の朝、あぁ、2泊3日は私には荷が重すぎるから、交通費もったいないとか考えないで1泊2日だったら楽しめるんじゃない?と思い、

 

家に帰って、チケットを買おうとしたら、昨日の夜まで残席ありだったのが残席少ないになって、

 

まじで目の前で×になって売り切れました・・・。

 

何か大袈裟ですが、私の今までの人生の象徴というか・・・。

 

阿佐ヶ谷姉妹の江里子さんが、イケアで買おうとしたユニット家具のパーツが揃わず、

 

今までの私ならそうした(諦めた)かもしれない、でも今の私は違う!

ここでIKEAと別れたら、一生おしゃれな人生なんて来やしない。

諦めたら負けだわ!

 

今、冷静にみれば、単なる頭に血の昇ったおばさんです。

 

 

という一文があるのですが、・・・何かこの文章をタイピングしたら、ちょっと心も落ち着きました。

 

何か、私ってこうやってぐずぐずしたり、何かとやらない理由を見つけ出し、楽しそうな人達をひがんで生きてきた、という自覚があるので、

 

なんかそれが噴出したような出来事だわ、私、もうこれから父の夕食の用意と、母の愚痴を聞いて、2人を介護して死ぬだけなの!?と思って、

 

大泣きしていたのですが、ちょっと落ち着きました。

 

頭に血の昇ったおばさん・・・そのもの・・・。

 

この本の最初の話にでてくる女性が、

あぁ、ネタバレになるか(汗)話の最後辺りに、イタリアに行って、通説が本当なのか調べに行くというのがすごく好きで、

 

私も今、自分がこうしたい!と思うことにどうのこうのと頭の中で考えてビビってないで素直に行動したいと思ったのですが・・・。

 

 

何かこんな結果になっちゃった(涙)

 

去年を思い出すと、半死半生状態だったと思うのですが、年明けてアロマに興味を抱いたり、東京の下町に行ってみたいという欲が戻ってきて、

 

変な話、ちょっとほっとしてて、自分の欲に素直になろう!としたのにこんな結果に。

 

すっごい長くてまとまりもない文章で申し訳ないのですが、

 

私と同じような方、もっと人生楽しみましょう?

 

自分の機嫌を自分で取る♡なんて言ったら、要領よく生きてる女性達を思い浮かべて、

 

いや、何であの人達、周りを利用して自分のいいように生きてたじゃんみたいな恨み言が沸いてくるな・・・

 

じゃあ、機嫌じゃないか・・・自分をもっと大事にしましょう。

 

何か自分を誰も大切にしてくれない!!!と強く思う人こそなおさら。

 

その方法を人に聞いたらやばいことになりがちなので、以前も書きましたが、本当に自分と向き合うことって大事です。

 

今回の一件もどう転ぶか分からない、けど、自分をないがしろにするのはもう嫌!と心底、思いました。