Life without regret

メインブログの別館です。(私も頑張りますが、私の屍を超えていって欲しい))

タイミング

 

この本の表紙の東野、めっちゃ人をおちょくったような、THE東野な表情で、このカメラマンさん&装丁の人、プロ!

 

この本で一番、印象に残っている言葉が、

 

「タイミングがあわず、売れなかった芸人をたくさん見た」なのですが、

 

芸能人のほうが如実なのかもしれないけど、普通の人間もそういうことありますよね・・・。

 

ふと思い出したのですが、私が中学生の時、非関西圏なのに深夜放送で大阪ローカルのすんげーベスト10というお笑い番組が放送されていて、

 

ジャリズム2丁拳銃スミス夫人、がすごい面白かったし、当時は分かりようがないけど、やっぱりその辺りが2丁目劇場でも大人気だったそうです。

 

テンダラー水玉れっぷう隊も面白かったな。

 

その後、お笑いブームが下火になり、それでも細々と好きだったけど、若手芸人の出囃子がラッドとかミスチルとかアジカン、と知った時に、

 

「・・・私はお呼びじゃない客なのか?つい最近の曲じゃん?」と離れ、

 

2016年の和牛で、また好きになった感じです。

 

川西君の「うぇっ横顔綺麗!」というペラペラの顔ファン、でも和牛の出囃子がめっちゃいい曲で、

 

ちょっと調べたら、藤崎マーケットとか、その他諸々のコンビも、ほほう・・・という本人達にぴったりな曲をチョイスしてたので、

その辺りから本格的にまたお笑いに興味が沸いた感じです。

 

私のお笑い遍歴はどうでもいいのですが、そう、本当、人生ってどこでどうなるか分からないんですよね・・・。

 

最近、ものすごいキレる老人や中年男性を見ると、そうでもないのかぁ?と思うこともるけど、

 

結局、突き詰めれば、人間性って大事だよなと思うことが多いです。

 

って、あまり芸人と一般人の世界を比べるのも、と思ったり、いや、結局、同じ世界の人間だし、ってなんでこんな鬱々としてるんだ?

 

そして録画していたアメトーク、小物MC芸人を見て笑いながら、(アンミカスパイリーチ、というパワーワード)、

 

つい禁止にしていたカフェオレ飲んじゃった・・・。

今日は眠れねぇ。

明日も仕事なのに。

っつうか、今日、仕事激務だったので、思っている以上にストレス溜まってるんだろうな(汗)

 

中間管理職みたいなポジションの、麒麟川島・ノブ・若林・小峠・バカリ、頑張れ!

 

某佐藤と絡みだして、何か不安を感じるノブですけれども。

でもやっぱりノブ始め、この辺りの芸人さんの俯瞰力はすごい。

 

そして、何気に井森美幸ってすごいタレント力よね。足軽歩兵w切り込み隊長!

 

何か悶々としていたのですが、あー、そうか(汗)ちょうど同世代の働き盛りの人の大変さや頑張りを見て、笑って悶々が晴れたのかー。

 

大阪旅行、これから意識して節約して、以前の計画より贅沢旅行にしようかな、と思います。

 

テレビの瞬発力の高いお笑いもいいけど、やっぱり職人芸的な漫才を生で見たい。

 

そうね、ちょっと大阪で贅沢できるように、節約生活します。