Life without regret

メインブログの別館です。(私も頑張りますが、私の屍を超えていって欲しい))

教祖ビジネスは続く

最近、書店で売れている本を見ると、帯にコメントしている人達の胡散臭さも含めてげんなりしているのですが、

 

インフルエンサーが本を出して、信者がお布施として買うみたいな、変な媒介ツールになってるのも悲しい。

 

あと出版社おかかえ著者というか、とりあえずこの人の名前冠にして出せば売れるみたいな、医師や占い師、料理家の本も、邪気と手軽が渦巻いてて嫌・・・。

 

それでも本を読むのはやっぱり好きなので、あまりげんなりしたくないなぁと思っています。

 

あとずっとぼんやり思っていたことなのですが、成功者、というと主語が大きすぎるのですが、

 

自分が幸せ、と思って生きている人達って、一体、どんな生活してるんだろう、と想像したら、

 

まずYouTubeやインスタは見ていないだろうし、バランスの良い食事ととって運動して寝てるんだろうな・・・と。

 

そして本や音楽は、ひょっとしたら古典と呼ばれるものを読んだり聞いたりしているのかも、と思いました。

 

憶測にしか過ぎないのですが(汗)

 

占い師やダイエット、健康法(精神科医含む)は大体、2年ぐらいでコロコロと流行が変わりますが、

 

私はこの西多昌規という方の本は、割とあっていると思います。

 

 

あと桜田直美さんという訳者の方が訳した本。

 

 

今、それこそ睡眠も流行っている(汗)ので、図書館で何冊か借りたけど、この本や一番、すっと入ってきました。

 

他のはどこかで聞いたことの羅列や、妙にエビデンスに拘って、貴方も誰かに騙されてないか?と感じたり、銭のかほりwが強かったり。

 

個人的に中田がYouTubeで本を紹介している動画が100万回以上、再生されていることが信じられず、

 

10年くらい前から日本人の識字率と読解力の低下は指摘されていたけど、こういう結果で如実に表れてきたんだなぁと。

 

台湾は、母国語と英語ともうひとつ、興味のある言語を習得しましょうという動きが高まっているそうで・・・。

 

 

ホリエモンや西野などのオンラインビジネスも、昔からあったものがものが表面化してきただけだし、

 

決して現代に生きる人がおかしくなっている訳じゃないとは思うけど。

 

個人的にスパチャや同じCDを形態変えて発売するのも同じことだと思うし。

 

金継ぎの世界にもカリスマ?というか、憧れられる人がいて、当たり前ですが、憧れる人がいて商売として成立している。

 

 

世の中の商売はほぼ、教祖ビジネスなのかもしれないので、どの教祖様にオグルするかは個人のセンスなのかも知れません。